*

LinuxでFFmpegをほぼ全自動でビルドする(CentOS、Ubuntu等に対応)

  最終更新日:2017/02/24

Pocket

FFmpeg build

 LinuxでFFmpegをほぼ全自動でビルドする方法をまとめました。開発環境のパッケージをインストールして、後はスクリプトを実行するだけでビルド&インストールまで行うことができます。

 ビルドするFFmpegは、libavcodecでサポートされている標準エンコーダの他に以下のエンコーダを追加します。

 申し訳ありませんが、CentOS 6.xは本記事では非対応とします。gccなどのバージョンが古く、最新のソースコードのビルドが通らなくなったためです。古いディストリビューションに関しては、「古いLinuxでFFmpegをほぼ全自動でビルドする」の記事をご参照下さい。

スポンサーリンク

前置き(Introduction)

 この情報は以下のFFmpegのWikiの情報を元にまとめました。

 本記事を最後まで読んで、なおかつ上記Wikiのページを見ると分かりますが、スクリプトの内容はほぼ同じです。では、Wikiを見れば良いではないかと思われるでしょうが、Wikiの手順通りに実行すると少し問題が発生します。手順通りだとFFmpegを自分のホームディレクトリにインストールすることになり、自分以外使えないものになってしまうのです。

 そこで、その困った状況を解消して誰でも使えるようにFFmpegをビルドしようと言うのが本記事の内容です。なお、複数のライブラリをインストールしますが、インストール済みのライブラリのパッケージとは競合しないので既存環境を汚しません。

 本記事の内容は64bit版(amd64)のLinux OSで実行して下さい。32bit版(i386)ではビルドに失敗します。

開発環境構築(Development environment)

 開発環境を構築するために必要なパッケージをインストールします。以下のコマンドを実行して下さい。UbuntuとCentoOSの場合で異なります。試してはいませんが、DebianとMintでもUbuntuと同じ方法でインストールできると思います。

・CentOS
# yum -y install autoconf automake bzip2 cmake freetype-devel gcc gcc-c++ \
   git wget libtool make mercurial nasm pkgconfig zlib-devel fribidi-devel \
   fontconfig-devel

・Ubuntu
# sudo apt-get -y install autoconf automake build-essential \
   cmake git libass-dev libfreetype6-dev libgpac-dev libsdl1.2-dev \
   libtheora-dev libtool libva-dev libvdpau-dev libvorbis-dev \
   libxcb1-dev libxcb-shm0-dev libxcb-xfixes0-dev mercurial pkg-config \
   texi2html zlib1g-dev

FFmpegビルド(FFmpeg build)

 以下の手順でコマンドを実行します。スクリプトの内容は本記事の最後に掲載しています。

 スクリプトはrootユーザーで実行して下さい(sudoでも可)。ユーザーIDをチェックしているので、root以外で実行すると失敗します。なお、デフォルトのインストール先は”/usr/local/ffmpeg_build”ディレクトリになります。

# vi ffmpeg_build.sh

  ・FFmpegビルドスクリプトの内容をコピペします。
  ・ソースコードを展開するディレクトリは変数src_dirにて変更可能
  ・実行ファイル、ライブラリのインストール先は変数prefix_dirにて変更可能

# chmod +x ffmpeg_build.sh
# ./ffmpeg_build.sh

 スクリプトの実行が完了したら、PATH環境変数にFFmpegのインストール先を追加して下さい。インストール先を変更していない場合、以下の手順内容になります。

・共通
$ export PATH=$PATH:/usr/local/ffmpeg_build/bin

・CentOS
$ vi .bash_profile

  変更前)
   PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin

  変更後)
   PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin:/usr/local/ffmpeg_build/bin

・Ubuntu
$ vi .bashrc

  以下をファイル末尾に追記
  export PATH=$PATH:/usr/local/ffmpeg_build/bin

FFmpegビルドスクリプト(Build script)

 FFmpegも関連するエンコーダも日々更新されるため、ビルドに失敗することがあります。その際はコメント欄から遠慮なくご連絡下さい。その際は必ずLinuxの種類とバージョンの情報、コンソールに表示されたエラーの内容をお知らせ頂くようお願いいたします。調査の上、回答いたします。

 並列コンパイルに対応しているので、3行目の”cpu_core=2”となっている箇所をビルド環境のCPUコア数に応じて変更して下さい。例えば、CPUコア数が4の時は”cpu_core=4”として下さい。

 ビルドする機能を選択できるようにしています。4行目以降の”enable_xxx=1”の箇所を”=0”にするとビルド対象外になります。例えばVP8が不要であれば、6行目を”enable_vp8=0”としてください。

 以下がスクリプトです。ダブルクリックするとスクリプト全体を選択した状態になるのでCtrl+Cでコピーして下さい。

#!/bin/sh
  
cpu_core=2
enable_h264=1
enable_h265=1
enable_vp8=1
enable_aac=1
enable_mp3=1
enable_ogg=1
enable_opus=1
enable_ass=1
  
src_dir="$HOME/ffmpeg_sources"
prefix_dir="/usr/local/ffmpeg_build"
  
export PATH=$prefix_dir/bin:$PATH
export PKG_CONFIG_PATH="$prefix_dir/lib/pkgconfig"
enable_option=""
  
repo_yasm="git://github.com/yasm/yasm.git"
repo_x264="https://git.videolan.org/git/x264.git"
repo_x265="https://github.com/videolan/x265.git"
repo_aac="git://github.com/mstorsjo/fdk-aac"
repo_opus="git://github.com/xiph/opus.git"
repo_libvpx="https://chromium.googlesource.com/webm/libvpx.git"
repo_libass="https://github.com/libass/libass.git"
repo_ffmpeg="git://github.com/FFmpeg/FFmpeg"
  
url_autoconf="http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.69.tar.gz"
url_lame="http://downloads.sourceforge.net/project/lame/lame/3.99/lame-3.99.5.tar.gz"
url_ogg="http://downloads.xiph.org/releases/ogg/libogg-1.3.2.tar.gz"
url_theora="http://downloads.xiph.org/releases/theora/libtheora-1.1.1.tar.bz2"
url_vorbis="http://downloads.xiph.org/releases/vorbis/libvorbis-1.3.4.tar.gz"

gcc_ver=`gcc -dumpversion | awk -F. '{print $1}'`

if [ ${gcc_ver} -ge 6 ]; then
    # for x264, libvpx, ffmpeg
    pic_enable="--enable-pic"
    enable_option=${pic_enable}
fi 
  
print_error()
{
    echo "error: $1"
}
  
run_git()
{
    repo="$1"
    opt="$2"
  
    dir=${repo##*/}
    dir=${dir%.git}
  
    if [ -d $dir ]; then
        cd $dir && git pull
        if [ $? -ne 0 ]; then
            print_error "git pull $dir" && exit 1
        fi
    else
        git clone $opt $repo
        if [ $? -ne 0 ]; then
            print_error "git clone $dir" && exit 1
        fi
        cd $dir
    fi
}
  
run_wget()
{
    url="$1"
    file=${url##*/}
    dir=${file%.tar.*}
  
    if [ ! -e $file ]; then
        wget $url
        if [ $? -ne 0 ]; then
            print_error "wget $file" && exit 1
        fi
    fi
  
    case $file in
        *.gz)  tar xvzf $file ;;
        *.bz2) tar xvjf $file ;;
    esac
  
    cd $dir
}
  
uid=`id | sed 's/uid=\([0-9]\+\)(.\+/\1/'`
   
if [ $uid -ne 0 ];then
    print_error "not root user"
    exit 1
fi
  
mkdir -p $src_dir
mkdir -p $prefix_dir
  
aconf_ver=`LANG=C autoconf -V | head -n 1 | sed -e "s/autoconf (GNU Autoconf) \([0-9]*\)\.\([0-9]*\)/\1\2/"`
if [ $aconf_ver -lt 269 ]; then
    echo "---------- build autoconf ----------"
    run_wget $url_autoconf
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --bindir="$prefix_dir/bin"
    make
    make install
    make distclean
fi
  
  
echo "---------- build Yasm ----------"
cd $src_dir
run_git $repo_yasm "--depth 1"
autoreconf -fiv
./configure --prefix="$prefix_dir" --bindir="$prefix_dir/bin"
make -j${cpu_core}
if [ $? -ne 0 ]; then
    print_error "make yasm" && exit 1
fi
make install
make distclean
  
  
if [ $enable_h264 -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libx264  ----------"
    cd $src_dir
    run_git $repo_x264 ""
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --bindir="$prefix_dir/bin" --enable-static ${pic_enable}
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libx264" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
    enable_option="${enable_option} --enable-libx264"
fi
  
  
if [ $enable_h265 -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libx265  ----------"
    cd $src_dir
    if [ -e "/etc/centos-release" ]; then
    if [ -d "x265" ]; then
        cd x265 && hg update
            if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "hg clone x265" && exit 1
            fi
    else
        hg clone https://bitbucket.org/multicoreware/x265
            if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "hg update x265" && exit 1
            fi
        cd x265
    fi
    else
    run_git $repo_x265 ""
    fi
 
    cd build/linux
    cmake -G "Unix Makefiles" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="$prefix_dir" -DENABLE_SHARED:bool=off ../../source
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libx265" && exit 1
    fi
    make install
    make clean
    enable_option="${enable_option} --enable-libx265"
fi
  
  
if [ $enable_aac -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libfdk_aac ----------"
    cd $src_dir
    run_git $repo_aac "--depth 1"
    autoreconf -fiv
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-shared
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libfdk_aac" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
    enable_option="${enable_option} --enable-libfdk-aac"
fi
  
  
if [ $enable_mp3 -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libmp3lame ----------"
    cd $src_dir
    run_wget $url_lame
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --bindir="$prefix_dir/bin" --disable-shared --enable-nasm
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libmp3lame" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
    enable_option="${enable_option} --enable-libmp3lame"
fi
  
  
if [ $enable_opus -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libopus ----------"
    cd $src_dir
    run_git $repo_opus ""
    ./autogen.sh
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-shared
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libopus" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
    enable_option="${enable_option} --enable-libopus"
fi
  
  
if [ $enable_ogg -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libogg  ----------"
    cd $src_dir
    run_wget $url_ogg
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-shared
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libogg" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
  
    echo "---------- build libvorbis ----------"
    cd $src_dir
    run_wget $url_vorbis
    LDFLAGS="-L$prefix_dir/lib" CPPFLAGS="-I$prefix_dir/include" ./configure --prefix="$prefix_dir" --with-ogg="$prefix_dir" --disable-shared
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libvorbis" && exit 1
    fi
    make install
    make distclean
    enable_option="${enable_option} --enable-libvorbis"
   
    echo "---------- build libtheora ----------"
    cd $src_dir
    run_wget $url_theora
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-shared --disable-examples
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
    print_error "make libtheora" && exit 1
    fi
    make install
    make clean
    enable_option="${enable_option} --enable-libtheora"
fi
  
  
if [ $enable_vp8 -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libvpx ----------"
    cd $src_dir
    run_git $repo_libvpx "--depth 1"
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-examples ${pic_enable}
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libvpx" && exit 1
    fi
    make install
    make clean
    enable_option="${enable_option} --enable-libvpx"
fi
  
  
if [ $enable_ass -eq 1 ]; then
    echo "---------- build libass ----------"
    cd $src_dir
    run_git $repo_libass "--depth 1"
    autoreconf -fiv
    ./configure --prefix="$prefix_dir" --disable-shared
    make -j${cpu_core}
    if [ $? -ne 0 ]; then
        print_error "make libass" && exit 1
    fi
    make install
    make clean
    enable_option="${enable_option} --enable-libass"
fi
  
  
echo "---------- build FFmpeg ----------"
cd $src_dir
run_git $repo_ffmpeg "--depth 1"
   
./configure \
  --prefix="$prefix_dir" --extra-cflags="-I$prefix_dir/include" \
  --extra-ldflags="-L$prefix_dir/lib" \
  --bindir="$prefix_dir/bin" \
  --pkg-config-flags="--static" \
  --enable-gpl \
  --enable-nonfree \
  --enable-libfreetype \
  $enable_option
make -j${cpu_core}
if [ $? -ne 0 ]; then
    print_error "make ffmpeg" && exit 1
fi
make install
make distclean
hash -r

アンインストール(Uninstall)

 アンインストールは以下のコマンドを実行して下さい。ディレクトリの削除のみでアンインストールが完了します。

# rm -f /usr/local/ffmpeg_build
# rm -f ~/ffmpeg_sources

FFmpeg用エンコードスクリプト

 当ブログでH.264のエンコードスクリプトを作成しました。良かったら使ってみて下さい。

スクリプトの更新履歴(ChangeLog)

  • 2015年10月11日
    • 並列コンパイルに対応
  • 2015年10月14日
    • 並列ビルドに対応
    • ビルド対象のエンコーダを選択可能に変更
    • エラー処理追加
    • CentOS 6.xでopusのビルドに失敗する不具合を修正
  • 2015年11月26日
    • libass(字幕)に対応
  • 2015年12月1日
    • FFmpegのconfigureエラー対策:x265のダウンロードをstable対象に変更
  • 2016年2月20日
    • x264のリポジトリが変更されたため修正
    • ソースコードの取得方法を全てgitに変更
    • git clone済みの場合、git pullするように変更
  • 2016年3月29日
    • libtheoraに対応
    • 関数処理を変更
  • 2016年6月24日
    • FFmpegとAACのレポジトリURLを変更
    • CentOSのみx265のソースをMercurial(hg)による取得に戻した
      • gitのバージョンが古く、一部コマンドの実行に失敗するため
  • 2016年11月15日
    • gcc 6.xに対応