*

映画「オデッセイ」の分かりにくい場面を解説します

  最終更新日:2018/08/19

Pocket

映画「オデッセイ」解説

スポンサーリンク

おまけ

2018年8月19日追記)
 ストーリーを追体験する形で記事をまとめていたため、当時はクライマックスシーンまでの記述で終わりとしていました。その関係で捨てた情報もあります。

 地上波で放送されたのを良いきっかけとして蔵出しすることにしました

公式ページ?

 原作者アンディ・ウィアーが作成した「オデッセイ」のページが実は存在します。

 しかし、このページはHTMLや画像データなどの一覧が見えるだけで、どのページからもリンクされていないと思われる謎のページです。

 アンディ・ウィアーが作成した宇宙船ヘルメスの軌道計算ソフト、ヘスメスの略図なども置いてあり、より深く「オデッセイ」を知るためのデータが置いてあります。

 なぜ記事作成当時に紹介しなかったかと言うと、自分の力量不足もありますが、ストーリーを追体験してもらう事を重視すると情報として差し込みずらかったのが最大の理由です。

ヘルメスの軌道

 先ほど紹介したアンディ・ウィアーのページにヘスメルの飛行計画の動画ファイルも置いてあります。Youtubeにアップロードされているのを発見したのでついでに紹介します。

 多分関係者では無さそうなので、勝手にアップロードされたもののようです。しかし、ほとんどの人にとってはYoutubeで見るほうが楽でしょう。

 動画の説明文は英語なので、大雑把に訳しておきます。3つの飛行計画が出てきます。

飛行計画 内容
オリジナルプラン ・124日間で地球から火星へ
・31日間の火星地表任務
・241日間で火星から地球へ
砂嵐事故発生時の修正プラン ・124日間で地球から火星へ
・6日間で火星地表任務切り上げ
・236日間で火星から地球へ
最終プラン
(リッチ・パーネル・マヌーバ)
・124日間で地球から火星へ
・6日間で火星地表任務切り上げ
・236日間で火星から地球へ
・フライバイで地球から離脱
・322日間で火星へ
・火星フライバイで211日後に地球到着

 動画を見れば分かりますが、リッチ・パーネル・マヌーバはかなりとんでもない軌道を描いている事が分かります。